2019/20th

中四国オートサウンドフェス

2019526

9:00~16:00

(入場8:00~

場所:愛媛県今治市大三島 しまなみ街道 道の駅

多々羅しまなみ公園 西側駐車場

※雨天決行!暴風雨・台風・天災等で会場および交通機関が使用不可の場合は中止。

​開催日まで、あと

     本イベントは終了致しました。     

メーカー様、ショップ様、エントラントの皆様、この度は参加頂き、
誠にありがとうございました。
オートサウンドフェス実行委員会

来場予定のメーカーさんのデモカー情報です。

パイオニア
BEWITH
audio-technica.
DIATONE
株式会社エムズライン
DLS  Felisoni QUARTORIGO
ジャンライン
Sound Suspension
M&M DESIGN
タム
 
mosconi_banner.jpg
kicker_banner.jpg

   イベント概要 など   

 

カーオーディオ好きの集まる、人気投票スタイルを基本とした、コンテストイベントです。

コンテストだからと言って、敷居の高いものではありません。基本コンセプトは『ゆる~い!イベント』ですので、初めての方、ライトなシステムの方、他の人の音が気になる方・・・・そんな方々、大歓迎です。

オーディオメーカー、オーディオショップのデモカー多数集まります。

あれや、これや一気に聴ける滅多と無いチャンスです。メーカー、ショップも聴いて頂けるアピールの場であると同時に、ユーザーさんも聴き比べが出来るいい機会です。ご遠慮なくガンガン試聴して下さい。

※一般来場の方は、こちらのお車の試聴のみとなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『人気投票』 エントリー費用 ¥3,000

各コース 1位~6位 表彰

人気投票について・・・

●ゴールド/シルバー/ブロンズの3つのコースに分かれます。

​エントリー締め切り後、システム金額で約3分割されます。なのでエントリー時には自分が何コースなのかは解りません。 

●エントリーした皆さんが審査します。

当日はエントリーされた方が、他のお車を審査します。(※エントリーした人しか聴けません)

例えば・・・・自分が、『ブロンズコース』エントリーの場合、一つ上のクラス『シルバーコース』の車を聴いてよかったと思う車を投票します。さらにその後、『ゴールドコース』の車を聴いて投票する事も出来ます

補足(重要)

例年通りエントリーユーザーがコース毎に3台を選び投票してもらう予定です。

上位を何台か表彰します。
・・・ココからが重要!
  たぶん同じ票数が出ます!!!!!  ※前回も出ましたww
  同点の場合は
じゃんけんです!
  自分の車の音に自信のある方は必ずじゃんけんを鍛えておく事をお勧めします。

================================================

『評論家コース』 エントリー費用 ¥10,000

                (人気投票コースにもエントリーしてる方・¥8,000)

1位~10位 表彰

評論家コースといっても、こちらも基本コンセプトである『ゆる~い・・・・』は同じです。数多くのオーディオシステムを耳にしているオーディオ評論家からのアドバイスは、今後のシステムアップなどの参考になるのでは!

審査をされる先生は、『土方先生』です。

●『評論家の先生』が審査し アドバイスがもらえるコースです

●人気投票コースにエントリーの方も、エントリー出来ます。

●評論家コースのみのエントリーも出来ます。

※評論家コースのみのエントリー車両は他の方は試聴は出来ません

※評論家コースのみのエントリーの方、他のエントリー車両の試聴はできません。

 

評論家コースの審査の順番について

・昨年同様、エントリーの遅かった車から、審査致します。(1番にエントリーされた方が、最後です)

======================================================

『メーカーコース』 エントリー費用 ¥3,000

                (人気投票コースにもエントリーしてる方・¥2,000)

各コース メーカー賞 3台選出

協賛メーカー・代理店さんが『該当商品が装着されたクルマのみ』を審査しコメントがもらえるコースです

・パイオニア・ダイヤトーン・オーディオテクニカ・ビーウィズ・ジャンライン・エムズライン

・サウンドサスペンション・M&M(昨年度は以上のコースがありました。)

●人気投票・評論家コースとの同時エントリー出来ます。

●メーカーコースのみのエントリーも出来ます。

※メーカーコースのみのエントリー車両は他の方は試聴は出来ません

※メーカーコースのみのエントリーの方、他のエントリー車両の試聴はできません。

=======================================================

サウンドナビ内蔵アンプコース』 エントリー費用 ¥3,000

                    (人気投票コースにもエントリーしてる方・¥2,000)

最優秀賞 1台 / 優秀賞 4台 表彰 /もれなくもらえる「参加賞」あり!

ダイヤトーンさんが『サウンドナビ装着で内蔵アンプのクルマ』を審査しコメントがもらえるコースです。

・初めてのエントリーの方にも参加しやすいコースです。

​・内蔵アンプコースなので、比較的ライトなシステムでの参加車が多いと思いますので、気負いなく参加してください。

 

 

 

 

 

 

 

=======================================================

最優秀賞 賞品

三菱掃除機

TC-GD1J-W

優秀賞 賞品

三菱炊飯器

NJ-NH106-W

参加賞 賞品

DIATONE SOUND.NAVIロゴ入り「メディアケース(モバイルアクセサリーケース)」

2019年参加ショップ 

▽香川県

​ピットハウスコスギ

サウンドステージ

▽徳島県
シンフォマージ
イエローハット阿南店

 

▽高知県

ガレージショウエイ

▽愛媛県

サウンドカーペンター

フィースト

▽島根県

​Jクラブ

▽鳥取県

ウェイブトゥポート


▽広島県

truth

シティロード
アミューズ
K-sound
M.E.I

 

オートサウンドフェス開催場所

住所  愛媛県今治市上浦町井口9180-2
TEL  0897-87-3866

リンク

マイカーライフ バナー
カーオーディオマガジン バナー

~​お食事~

 

 

 

 

 

 

 

・出来る限り、会場隣接のレストランをご利用ください。(おいしいです!)

・必要な方、お弁当の準備も出来ます(事前申し込み)

 イベント・コンテスト(エントリー)に関する 事  

​コンテスト参加資格

地域イベントとして基本的に公式ホームページ内の中四国エリアの協賛ショップを通じての
 エントリーとなります。

ショップ・メーカーさん

参加・出展には費用が掛かります。

​参加ご希望のショップ様・メーカー様募集しております。下記、中四国オートサウンドフェス実行委員会まで、ご連絡下さい。 企画書あります。

◆人気投票の課題曲(4曲)

アーティスト:

レディー・ガガ

ブラッドリー・クーパー

 

 

 

アルバム:アリー/スター誕生サウンドトラック

楽曲:「アリー/スター誕生」愛のうた  ※12曲目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アーティスト:

UVERworld

​楽曲:「Touch off」

~聴きどころ~

人気J-Rock バンドのUVERworld が放つ通算34 枚目のシングル。現在のJ-Pop
の楽曲らしくコンプレッサーが強めにかかった音作りで音圧は高め。

しかし意外にも再生難易度は高い。連続的に弾かれるベースにより低域の解像度が要求されることと、音数が多いことがその理由だ。平たくいえばこの課題曲は音が団子になりやすいのである。また、ボーカルは明瞭に前に出てくるわけではなく、バックミュージックに埋れやすいのでその表現も難しい。情報量と適度な
解像度を出しながら、エネルギッシュに再生できればアーティストの魅力を引き出すことができるだろう。そして音楽的に楽しいノリの良い音を聞かせて欲しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アーティスト:

Charlie Puth

アルバム:「Voicenotes」

楽曲:「Attention」

          ※トラック2

         +

ユーザーさんお勧めの1曲

自分のシステムで、『コレ聴いたら最高!!』そんな1曲をみんなに聴いてもらってアピールして下さい!

ジャンル問わずです。

◆評論家コースの課題曲(4曲)

人気投票の①、②、③

     +

①マーラー 交響曲第6番

悲劇的 _01_交響曲

第6番 イ短調 悲劇的

第1楽章

アレグロ・エネルジーコ、マ・ノン・トロッポ 激し

~聴きどころ~

エストニア出身の人気指揮者、パーヴォ・ヤルヴィが日本のオーケストラNHK交響楽団と共演したタイトル。本楽曲は聴感上、高域から低域までのレンジも広めで、密度と情報量のバランスが良いので、それが失われないように、まずは原音に忠実なトーンバランスと高域の透明感を求めたい。そして冒頭から聞こえるコントラバスを中心とした低音楽器が痩せないように。ここが不足するとオーケストラの重厚さが失われてしまうので要注意である。ヴァイオリンを初めとする弦楽器はアコースティック楽器らしい質感を保ちながら、艶やかな音色が出せると印象が良くなる。オーケストラを構成するそれぞれの楽器が混濁しないよう、情報量とT/A を含む調整を追い込みフォーカスを出したい。高域を上げて聴感上の解像感だけを上げるのはNG。サウンドステージは広く捻じれないように、上級者は奥行きや各楽器の位置関係まで表現できればベストだ。

ダイヤトーンの課題曲(2曲)

アーティスト:DIANA KRALL

 アルバム:Turn up the quiet

 楽曲:L-O-V-E ※4曲目

 

~聴きどころ~

1.ボーカルのリアルな定位感と実在感、呼吸感、

  ボディー感、の再現性。
2.ベースの低音の音階感。低音のスピード感とマッシブ感の両立の再現性。
3.ピアノのタッチと実在感。
4.スネアドラムの再現性。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~​

アーティスト:Eagles
 アルバム:Hell Freezes Over
 楽曲:Hotel California(Live)

​ ※6曲目

~聴きどころ~

1.3次元的な空気感とステージの立体感。
  どのくらい曇りなくステージが見えるように立ち上がるか。
2.各楽器の明瞭感と実在感。
3.冒頭のギターのアルペジオのリアル感、エコーを伴う空気感。
4.冒頭直後のパーカッションの低音の立ち上がりとマッシブ感と音階の再現性。
  三拍目の低音の余韻感。
3.観客の数と上下、左右、奥行きへのリアルな広がり感、空気感。
4.ドンヘンリーのヴォーカルの音色、と定位感。
5.リズムのバランスとのりの良さ。

            

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆サウンドサスペンション課題曲

アーティスト:PENTATONIX

                               (ペンタトニックス)  
 アルバム:Vol.IV - Classics
 楽曲: Take On Me 

​ ※トラック5

~聴きどころ~

3度グラミー賞を受賞したPentatonix。7曲ある彼らのアカペラのレンダリングは単調ではありません。Pentatonixのシグネチャータッチを忠実に守りながら、各アルバムの本質を忠実にとらえている人間の声で絶妙な押し広げる様なアルバムです。どんな時代の音楽が好きであっても、Pentatonixのシグネチャータッチを忠実に守りながら、各アルバムの本質を忠実にとらえているので、所有していて損のないアルバムです。

 

ヴォーカルレンジにおいて、ソロ自身の2オクターブと AviとKevinが素晴らしいベースとドラムのバッキングトラックを作り、一方ScottとKristieのハーモニックパートは、その曲にPentatonixのスタイルを確立しています。5つのパートからなるハーモニーの進行を再現してください。

特に音場の左右の広さと定位、濁らず明瞭にステレオ再生を心がけてください。

今回の曲は超低域を含みませんので、ステレオ感とSN、音の抜けが重要な楽曲となります。

十分内臓アンプでも鳴らせますし、ハイレゾ(44.1kHz/24bit)CD(44.1kHz/16bit)とビットレートは違いますがアドバンテージが付きにくい楽曲です。

                                            音源は各自、各ショップでご準備ください。                                            

    イベント ギャラリー 色々  

Show More

電話でのお問い合わせは

中四国オートサウンドフェス実行委員会

・アミューズ 084-920-1005 (岡本)

・K-Sound 082-249-8141 (石井)

・M.E.I. 082-943-9696(山本)

 お問い合わせ   

© 2018 by autosoundfes Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now